【男の保湿ならZIGEN】化粧水や乳液と何が違うの?口コミと評価検証

2019年3月11日

できる男へをテーマに男としてのかっこ良さや余裕を肌で見せることを重要視したZIGENシリーズ。様々な雑誌にも掲載されている話題のZIGENを実際に使って使用感や効果を検証してみました。

>ZIGEN公式サイト

商品名 ZIGEN
使用目安 2か月 
・ZIGENフェイスウォッシュ / 内容量 : 100g
・ZIGENオールイワンフェイスジェル/ 内容量: 100g
価格 ・ZIGENフェイスウォッシュ / 価格:2,200円(税込)
・ZIGENオールイワンフェイスジェル/価格:3,990円(税込)
・【送料無料】フェイスウォッシュ+オールイワンフェイスジェル/価格:5,660円(税込)
乾燥肌の人へのおすすめ度 5
オイリー肌の人へのおすすめ度 4
ニキビ肌の人へのおすすめ度 4

ZIGENの3つの特徴

特徴その➀ 人型セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン配合

ZIGENの特徴は、やはりメンズコスメで最も重要視したい3大保湿成分がすべて配合されているということ。男性の肌は、日焼け止めを塗らないことによって、紫外線にさらされるがままだったり、スキンケアに時間をかけない人がおおいことから、乾燥しがちです。

美容液波の保湿成分であるセラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンがフェイスウォッシュにもオールイワンワンジェルにも含まれていることは保湿力がバツグンと言えます。

特徴その② オールイワンでスキンケアの手間を大幅削減

化粧水、乳液、美容液、クリームの機能が一気に凝縮されているのがZIGENオールイワンフェイスジェル。これ一本でスキンケアのすべてが完了するので、手間がかからず誰でも簡単にケアができます。

ジェルというと、塗った時にもろもろが出てきたり、べたつくという印象がありますが、ZIGENはそういった問題も解消した保湿力を保ちながらテカリを抑えることができる優秀なオールイワンジェルです。

特徴その③ コスパがすごい!

セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸は一般的に高級だといわれる成分でありながらも、ZIGENは化粧品としてさほど高くありません。つまり、コスパが非常にいいです。フェイスウォッシュとオールイワンフェイスジェルのセット購入であれば、5,660円(税込)なので、単品だと2,830円となります。

有名な男性化粧品13社を比較してみましたが、この価格で3大保湿成分すべてを配合しているものがまずないです。また、価格についても、13社中6番目に安かったことから、ZIGENはコスパが最高に良い!化粧品と言えます。

ZIGEN体験談レビュー

ZIGENが届いたので、さっそく使ってみたいと思います。イメージカラーの真っ黒な箱に入って届きました。

ZIGENの良いところは、バルクオムのように定期コースではなく、その都度必要になった時に、単品やセット購入が公式サイトで購入できるということ。商品の消費具合によって自分のペースで購入ができるということです。

箱の中に入っていたものはこんな感じ↓

・使い方説明書
・商品ラインナップ
・ZIGENフェイスウォッシュ
・ZIGENオールイワンジェル
・LINEの登録カード

では、中身を順番に見ていきましょう。

◆ZIGENフェイスウォッシュ

ZIGENはオールイワンジェルとしてのメンズコスメで有名ですが、同じシリーズで洗顔フォームも展開しています。

このフェイスウォッシュの特徴としては、こんにゃくマンナンがスクラブとして配合されているので、通常よく市販のメンズコスメで使われる固いスクラブよりも優しく肌を洗うことができます。

透明のジェルの中につぶつぶが入っているのがわかります。つぶだけを触った感じは、弾力があって、まさにこんにゃくの素という感じ。ジェル自体のもっちり感とジェリー感がすごい。匂いは無臭なので、化粧品っぽい香りが苦手!という人にも向いています。

では、洗顔してみたいと思います。

あら・・・・泡立ちはいまいちでした。

洗顔フォームがジェルなので、あまり泡立ちは期待していなかったのですが、なぜ、泡立ちがこれくらいまでなのか調べてみたところ、ZIGENの場合、肌への負担を考慮して界面活性剤はヤシ油由来のラウラミドプロピルベタインという界面活性剤を使用しているからだそうです。

この洗浄成分天然成分なので粘膜に触れてもしみにくい、アレルギー性や毒性が非常に低いことから、赤ちゃんの商品にも使用されているということが分かりました。

これくらいの泡立ちでも十分汚れが落ちていると思いましたが、モコモコの泡で洗いたいという方は、泡立てネットを使えば、もっと泡立たせることができます。↓

これくら泡立てると、スクラブ感もほとんど感じなくなるので、さらに肌に優しい洗い心地になります。

ちなみに使用したのはこの泡だてネット。↓

→バルクオム体験レビュー

洗い上がりは、さっぱりしていて、汚れもスッキリ落ちました。特に、鼻周りの角栓はスクラブで丁寧に洗うとよく馴染んで落ちやすい気がします。

◆ZIGENオールイワンジェル

こちらが、オールイワンで有名なZIGENオールイワンフェイスジェルです。漆黒なチューブにシルバーのロゴが入っていて、男性的で鋭い感じのイメージ。

オールイワンフェイスジェルは、化粧水、乳液、美容液、クリームの4機能を持ち合わせているので、スキンケアがとても楽になります。スキンケアって、正直めんどくさいという人にはもってこいの化粧品です。

また、ZIGENの場合、チューブが結構柔らかい素材でできているので、出すときにブニューっと一気に飛び出してくるので注意してください。(思った以上にたくさん出ます。)その場合は、首とか体につけてくださいね。

で、伸びは噂通り抜群に良いので、結構少量でも顔全体につけることができます。目安としては、さくらんぼ玉くらいの大きさで十分。顔全体に伸ばすと、ジェルなのに、さっと伸びて吸収も良いですね。

つけたあとは、意外にさっぱりしています。ジェルを塗った瞬間はもちもちとしているんですが、塗ってしばらくすると、思った以上に皮脂やテカリがしっかり抑えられます。

ZIGENの成分

ZIGENの特徴は何と言っても、3大保湿成分がふんだんに使われていること。保湿力をキープしながら皮脂やテカリを抑えることができる秘密を成分分析で解明していきます。

セラミド1 皮皮膚の弾力性や細胞間の結合性の改善作用があり、年齢肌に潤いを与える。
乾燥肌向け。
セラミド3 皮膚の皮脂バリアを構成する細胞間脂質の主成分。
保湿・保水の役割をする。
セラミド6 皮膚の皮脂バリアを構成する細胞間脂質の主成分。
保湿・保水の役割をする。
ヒアルロン酸Na 皮細胞間に水分を保持し、角質層の水分量を高める効果。
プラセンタエキス 顔色良く活き活きとした肌に導きます。
さらにメラニンを排出し、しみ等を防ぐ効果がある。保湿効果。
加水分解コラーゲン 肌再生のサポートをしてくれる繊維状タンパク成分の一つ。
肌の保護効果に優れている。
白金 皮膚表面の活性酸素を除去し、肌がサビないといわれている。
脂質分解と抗菌効果に優れる。

セラミド1、セラミド3、セラミド6


そもそもセラミドとは、肌の角質層で、細胞と細胞の間のスポンジのような役割で、水分を抱え込む成分です。細胞が何層にも重なっているので、その細胞と細胞をつなぎ合わせてくれる状況を作ってくれています。もともと体にある成分ですが、不足すると、細胞と細胞がよれたり乱れたりしてしわや乾燥の原因となります。

セラミドには上記意外にも複数の種類がありますが、ZIGENに配合されているセラミドは、保湿効果やバリア機能の働きをメインにしたセラミドが含まれているので、肌の水分を一定に保ち、外的刺激からバリアしてくれる効果があります。

ヒアルロン酸Na

安全性、安定性が非常に高く化粧品にはなくてはならない存在となっているヒアルロン酸は肌の水分を保持するための、ヌルヌルしたジェル状の成分です。ヒアルロン酸1グラムが保つことのできる水分量はなんと6リットル。プルプルのクッションのような役割をしてくれて肌にハリや弾力を与えてくれる成分です。

油分とは違う、しっとりとした保湿力を保ってくれるため、テカリ、皮脂が気になる人にはもってこいの保湿成分。ZIGENを塗った後の滑らかな感覚はこのヒアルロン酸によるためです。

プラセンタエキス

プラセンタエキスとは、胎盤エキスのことです胎盤にはビタミン、ミネラル、資質など体に必要なあらゆる栄養素が含まれており、化粧品に使われるプラセンタエキスは、哺乳類の胎盤から抽出したエキスを使用しています。

ZIGENではメラニン色素に対して有効な成分として配合されていますが、メラニンはもともと活性酸素が原因で作り出されます。その活性酸素を除去して新陳代謝を高める働きがあるので、シミの抑制効果が高いということです。

復調作用もあるため、体内において本来あるべき姿に戻ろうとする働きがあり、アンチエイジングにも効果を発揮し、美容クリニックなどではプラセンタ注射で利用されるほど、安全性も高く副作用が少ない成分として有名です。

加水分解コラーゲン

もともとコラーゲンは分子が大きく、肌の奥まで浸透しにくい性質を持っています。このコラーゲンを加水分解して浸透力をさらに強力にしたのが加水分解コラーゲンです。

加水分解したコラーゲンは、手を加えていないそのままの分子量のコラーゲンよりも、もっちり感やねっとり感は物足りなくなりますが、化粧品として肌に浸透しなければ意味がなりですから、浸透力でいうとメリットが大きいと言えます。

白金

白金とは、別名プラチナとも呼ばれ、時間がたってもくすんだり錆びたりしないため、ジュエリーなどで使われる高級素材としても使われます。一般的に価格は金よりも高いです。

プラチナが錆びないという理由に、活性酸素を除去する効果が高いことが理由に挙げられますが、白金が美容への効果が高いと言われる前は、コエンザイムQ10やαリポ酸などが活性酸素を除去できるということで有名でした。

コエンザイムQ10やαリポ酸は白金同様、活性酸素を除去できる美容成分として配合されるものですが、11種類全てを除去することができませんでした。しかし、白金はこの活性酸素11種類を全て除去できる優秀な成分です。

安全性も高く、商品添加物としても、厚生省に認めれるほどなので、効果と安全面両方で優れた成分と言えます。

最近では、金箔パックが流行ったり、食べる金箔としてデザートや料理にも使われるようになった『金』。『金箔入り』などと書かれていると高級なイメージだったり高額な印象になります。この金ですが、古代エジプト時代から美容にいいとされ、あのクレオパトラは金を顔に縫いこんでいたという説もあるくらい。(本当かどうかは知りませんが・・・・)

金がどうして美容にいいかというと『微弱電流』が大きく関わっています。まず、この微弱電流が流れていることで、化粧水や美容液の栄養成分を肌全体に送り強く浸透させる働きを持ちます。これはエステで使われる機械と似たような働きをするということです。

次に、体には生体電流と呼ばれる微弱電流が流れているのですが、金は生体電流によく似た電流を発しているため、新陳代謝を促進し、肌の生まれ変わりのリズムを正常にしてくれるので、ニキビ、しみ、しわなどの肌トラブルに総合的に効果があると言われています。

ZIGENのメリット・デメリット

これまでZIGENの体験談レビューや成分分析をしてきて、ZIGENの保湿力の高さ、美容成分がふんだんに配合されていることがわかりました。でも、化粧品は肌に合う、合わないは人によって、様々・・・本当に良いメンズコスメかどうかわからない!という人のための判断材料として実際にZIGENを使用している他のユーザーの意見をまとめてみました。

メリット:保湿とテカリ防止を兼ね揃えたアラサーの定番メンズコスメ

塗ったあとは乳液のようなしっとり感がありながらも、スッキリと皮脂を抑えてくれることです。これは3大保湿成分を配合していながらも、皮脂量の多い男性の肌を考慮したオイルフリー処方だからです。

口コミサイトやインスタグラムを見ていても、皮脂量の多い20代〜30からの圧倒的支持があります。30代に入ったのを機に、ZIGENを購入する人も多いですね。

『できる男』というキャッチフレーズで売り出しているということと、オールインワンジェルで手軽にケアできることから、働き盛りの男たちが仕事で疲れた夜や、忙しい朝でもさっとつけられて簡単に一連のスキンケアができるのがポイントとなっています。

 

デメリット:無臭!

これは、ZIGENの唯一のデメリットですね。というか、好き嫌いが別れると思います。人によっては、ラグジュアリーな香りが好きという人もいるでしょうし、人工的な香りが苦手という人もいます。

ZIGENの場合、とにかく『無臭!』なんというか、今まである程度香りのする男性化粧品を使ってきた人にとっては、『ただ泡立つジェルで顔を洗っている』という感覚に陥ります。香りが内分、リラックス作用や、香りづけとしての抑臭作用は落ちるので、その点が捉え方によってはデメリットと言えます。

肌タイプ別のZIGEN評価

乾燥肌の人にとってのZIGEN

ZIGENは乾燥肌の人にとって、非常に理想的なメンズコスメです。乾燥肌になる原因として、『洗う』『潤す』『守る』の3ステップができていない場合が非常に多いのですが、まず、『洗う』という過程に置いて、市販のメンズコスメを利用している場合には、洗浄力が高すぎるものが多いのが事実です。

これはある大手製薬会社が販売しているドラッグストアなどに市販されている洗顔フォームの成分です。

コラーゲンやセラミドなどの3大保湿成分が含まれていないのはもちろんのこと、グリチルリチン酸時カリウム、サリチル酸、ラウリン酸などの抗炎症作用や殺菌成分が有効成分として使われているため、皮膚の常在菌までも全て殺してしまう可能性があります。

これは、乾燥肌の人にとって必要な正常な肌にいるべき常在菌のバランスが崩れることはもちろんのこと、肌全体の免疫機能を下げてしまう可能性があるものです。とにかく汚れを落とす、スッキリさせるということのみを重視した製品であることが一目でわかります。

ZIGENはコンニャクマンナンという柔らかいスクラブで汚れを落としながらも、洗顔、スキンケアの家庭で3大保湿成分を補給できるので、乾燥肌の人にはもってこいの商品です。乾燥が気になる人は、オールイワンフェイスジェルのみでなく、フェイスウォッシュも合わせて使うことをおすすめします。

オイリー肌の人にとってのZIGEN

ZIGENはノンオイル処方です。よって、つけた後に化粧品そのものの油分やベタつきやテカリが出るわけがありません。この点はオイリー肌の人にとって非常に嬉しいことです。

皮脂は匂いの元にもなるので、皮脂が酸化する前に落とす、もしくは出ることを抑えるという2つの対策が必要です。

ZIGENは後から出てくる皮脂を完全に抑えることはできませんが、成分を調べた結果、潤いによって、毛穴や決めを整え、過剰な皮脂分泌の働きを正常に近づけるという意味でも合格と言えます。よって、オイリー肌の人にも向いている商品と言えます。

ニキビ肌の人にとってのZIGEN

ニキビ肌の人にとって、ZIGENはどうなのか。ニキビの原因はバリア機能の低下に尽きます。肌のバリア機能さえちゃんとしていれば、多少合わない商品を使ったり、刺激を与えても、肌本来の免疫力によって、正常は肌を保つことができますし、ニキビの原因であるアクネ菌に負けることもありません。

ZIGENは保湿によって、肌のバリア機能を整えるという作用が強いので、ニキビ肌の人にもおすすめできます。特に、バリア機能低下の原因になる洗いすぎや、ケミカルピーリング作用がないことがニキビ肌の人にZIGENをおすすめするに当たって、もっとも評価が高い点です。

ZIGENの良い口コミと悪い口コミ

良い口コミ

5 28歳 男性 フェイスウォッシュ 購入
アトピー肌でも大丈夫でした
僕的には肌に合っていてよかったです。アトピー肌なのですが、これまで使っていた洗顔料よりも断然しっとり感がありました。

5 32歳 男性 フェイスウォッシュ 購入
THE 無臭
香りが苦手なので、香りのないこちら購入。アラサーになり、肌のあれも気になってきたので、公式サイトからセット購入しました。売り切れでなかなか到着しなかったですが、やっと届いたので、これからに期待。

5 25歳 男性 フェイスウォッシュ とオールイワンフェイスジェルセット購入
乾燥肌なので
なぜか、急に肌の乾燥がひどくなったので、こちらを購入しました。保湿成分がたっぷり入っていて、1日中乾燥しなくなりました。夏でもベタつかないので、リピします。

5 41歳 男性 オールイワンフェイスジェル購入
価格と品質のバランスは良いです。
確かに、Amazonより公式の方で購入した方が安いようです。なので、商品そのものについてレビューします。
いままでいくつかメンズのオールインワンを使用してきましたが、ZIGENが一番しっくりしました。正直、これより高価なものは私は継続使用しようと思いません。化粧水、美容液など複数のものを併用する気もありません。手間も価格も手ごろが重要な判断軸になります。

悪い口コミ

2 36歳 男性 オールイワンフェイスジェル購入
おそらく転売品です
こちらはおそらく転売品です。公式サイトよりも割高ですし、公式サイトで購入されることをおすすめします。

2 33歳 男性 フェイスウォッシュ とオールイワンフェイスジェルセット購入
匂いが・・・
ゴムのような匂いがします。さすがに塗ったあとは気になりませんが、つけたという感じがしますし、微量で良いので何かの香りが欲しかった。

2 29歳 男性 オールイワンフェイスジェル購入
ニキビ肌には・・・・
ニキビ肌に悩んでいますが、ニキビを潰した所などに塗るとピリピリします。

ZIGENのお得な購入方法

ZIGENは公式サイト以外では転売品となりますので、口コミにもあるように、公式サイト以外での購入はおすすめしません。必ず公式サイトで購入するようにしましょう。